人生の節目

演出例:ブーケトス

ブーケトスhttp://tramadolonline.hqforums.com/wp6.htmlは結婚式後に花嫁が後ろ向きになってブーケを投げ、それを受け取った人が次の花嫁になれると言われているものです。
もともとは、新婦の幸せにあやかりたいといった若い女性がドレスなどをひっぱって飾りのお花などを取っていってしまうのを防止するためにブーケを投げるようになったといわれています。
昔から花嫁の幸せのお裾分けを欲しいと若い女性はみんな願っていたんですね。

そんなブーケトスも結婚式では恒例の演出になっています。
結婚式後に未婚の女性を集めて新婦がブーケを投げるという形が従来のオーソドックスなブーケトスですが、最近ではブーケにリボンを結びつけておいてそれを引いてもらうようにしたりもしています。
また、本来は未婚女性のみで行われるものですが、年齢によってはそのように言われたくないと感じる方もいるため、参列者全員で行われることもあります。
他にもブーケではなくて、小さなぬいぐるみで行うというようなケースもあるようです。
ブーケトスといっても様々なバリエーションがあるのですね。

また、本来ブーケトスというと新婦が行うものでしたが、新郎の行うブーケトスもあるそうです。
それはブロッコリー・トスです。
結婚式後に未婚の女性を集めて新投げて男性の参列者が受け取るというものだそうですが、行うとかなりの盛り上がりを見せる演出のようです。
なぜブロッコリーなのかというと、房がたくさんあるために子孫繁栄を願ってブロッコリーを投げるようになったというふうにも言われています。
受け取ったゲストにマヨネーズを一緒にプレゼントするというようなことがされたりもしているようです。

ブーケトスは古くから行われてきた結婚式では定番と言えるような演出です。
しかし、近年ではただ投げるというだけでなく、様々な形で行われるようになってきていることが分かります。
また、男性版ブーケトスのブロッコリー・トスもおもしろそうな演出ですから取り入れてみると良いかもしれません。