人生の節目

遠方から来るゲストへの心遣いとは

結婚式には遠方に住んでいるゲストを招待するということもあるはずです。
そうした時にはちょっとした心遣いがあることでとても喜ばれるということがあります。
まず遠方からのゲストの場合にはお車代を用意するということを忘れずに行わなければいけません。
少なくとも交通費の半額程度できりの良い数字になる分は用意しておくことが必要です。

これは心遣いというよりはマナーとして当然のことと言えるでしょう。
また、もしも親戚や友人などまとまった地域に住んでいるようであれば、新婦や新郎の実家などにバスを用意して一緒に乗ってきてもらうというのも良いかもしれません。
心遣いという点で考える場合には、帰りの交通手段についてアナウンスをしてあげるというようなことが1つあげられるでしょう。
遠方からのゲストの場合には、土地勘が無いということが普通です。

帰りの交通手段についてなど、さりげなく時刻表が分かるようにしておいてあげたり、さっと道案内などをできるようにしておいてあげるときっと喜ばれるはずです。
また、手荷物を少しでも少なくすむように引き出物なども考えてあげることも心遣いにつながるでしょう。
遠方からの場合、前日から会場周辺に宿泊しているというケースもあると思います。

そうすると荷物がとても多くなってしまうことでしょう。
そこへ更に大きな引き出物となってくると、帰りの道中にとても苦労することが目に見えてしまいます。
そこで、比較的持ち歩くのに苦にならないようなカタログギフトを用意するようにしておいたり、手荷物の配送サービスの案内などをしてあげるというのも役立つことでしょう。

せっかく遠方から結婚式に参加してもらうのですから、気持ちよく過ごして気持ちよく帰ってもらいたいものですよね。
そのためにも、ちょっとでも快適に過ごせるように心遣いをしてあげることがとても大切になってきます。
結婚式ではゲストに対する心遣いを忘れないようにしておきたいものです。