人生の節目

プリザーブドフラワーで作るウェディングブーケ

プリザーブドフラワーというのは、生花を加工して着色している花のことを言います。
ドライフラワーとも違いますし、本物の花を使っているので造花とも違います。
しかし、非常に長い期間きれいな状態を保つことができるので、造花のような利点を持っている天然の素材であるということができます。
プリザーブドフラワーの良いところは、本物の花でありながら長期間きれいに飾っておくことが可能というところです。

本物の花を加工していますから、造花のように安っぽく見えてしまうということもありませんし、かなりアップで写真を撮った場合でもきれいに写ってくれることでしょう。
しかもきれいさが長期間もつので前撮りも結婚式当日も同じブーケを使うことができます。
しかし、プリザーブドフラワーは予算的には生花・造花と比較すると高価になってしまいます。

プリザーブドフラワー自体が通常の花と比べても高価なので、それでブーケを作ろうとするとどうしても全体の価格が高くなってしまうというわけです。
とはいっても、写真撮影時も結婚式も披露宴も同じブーケを使えて、しかもそのままきれいに飾っておくことができるということを考えると、全体的に見たら料金はお得にはなっているかもしれません。
もしも生花をその後も飾っておけるように加工したいということになると、別途その加工費用や加工のための手配も必要になってしまうからです。

プリザーブドフラワーのウェディングブーケは専用に扱っているお店などもあります。
そうしたところではドレスなどのイメージに合わせてブーケの作成をしてくれる場合もありますので、プリザーブドフラワーでブーケを作りたいといった場合には相談してみると良いでしょう。
また、記念に自分で作ってみたいという方向けには、ブーケ作りの教室がおすすめです。
初心者でも上手に素敵なブーケが作れる方法を教えてくれますので、挑戦してみたいという場合には問い合わせてみましょう。