人生の節目

主賓のご挨拶は誰に頼む?

披露宴を行う時には主賓の挨拶を頼むことになります。
この主賓の挨拶は一般的には誰に頼むものなのでしょうか?主賓の挨拶を誰に頼むかということは特別な決まりがあるというわけではありません。
しかし、披露宴の中でトップバッターの挨拶になりますから、主賓の挨拶がどのようなものになるかによって全体の雰囲気が決まってしまうということもあります。
どういったゲストをメインに呼んでいるのかということや、どういった雰囲気にしたいのかということを考えて挨拶をお願いする人を決めるようにすると良いでしょう。

主賓の挨拶を依頼する人として最も多いのは会社の上司だそうです。
会社の上司といっても直属の上司の場合もあれば、普段はそこまでつながりがあるわけではないですが社長などに頼むという場合もあるようです。
会社の上司に挨拶を依頼する場合、その内容は日頃の働きぶりなどの話になることでしょう。
スピーチなどの上手な上司の場合には、ゲストも楽しんで聞くことができる挨拶になることが期待できます。

また、子供の頃からの成長などを交えた挨拶をしてくれる人として学校の先生がいます。
もしもずっとお付き合いのある先生がいる場合には、お願いしてみるのも良いのではないでしょうか。
先生の場合には仕事柄もあって話をするのが上手な人が多く、エピソードとしても新郎新婦の成長が分かるような内容のものを盛り込んでくれることが期待できます。

ごく親しい友人などで行う結婚披露宴の場合には、主賓の挨拶も友達にお願いするということがあるようです。
友達からの挨拶ですから、より新郎新婦の人柄ということが身近に感じられるようなスピーチになることでしょう。
このように、披露宴での主賓の挨拶は様々な人に頼むケースがあります。
どのような披露宴なのかによっても頼む相手を考えなければいけませんし、新郎新婦のご両親のつながりで主賓の挨拶をお願いするということもあるかもしれませんから、事前に相談しておくことも大切です。