人生の節目

招待状のマナーについて知っておこう

結婚式に招待することになるゲストには招待状を郵送することになります。
しかし、単に送れば良いというものではありませんので、マナー違反にならないようにしっかりと気をつけて招待状の作成をしなくてはいけません。
招待状を送るためには、まず誰を招待するかということを決めなければいけません。
招待客は新郎新婦のバランスが取れるようにすることが望ましいといえます。

どちらかが極端に多いというようなことは避けましょう。
親戚の招待客についてはお互いの両親にそれぞれどうするか相談をしておく必要がありますし、目上の方を招待したいという場合には招待状を送る前に意向を確認しておくことが大切です。
招待状の作成の際にも気をつけたいことがあります。
まず慶事ですから忌み言葉を使わないということと、重ね言葉を使わないということです。

また、終止符を打ってはいけないということで句読点を使わないという点にも注意します。
宛名書きは毛筆で手書きが最も望ましいと言われていますが、字に自信が無いという方の場合には筆耕業社を利用するようにします。
とても基本的なことではありますが、中に入れるものに漏れが無いように注意をして準備しましょう。
返信用のハガキに切手を貼るのも忘れずに!
切手も慶事用のものがありますので、そうしたものを使うようにしましょう。

ただし、基本的には結婚式の招待状は直接手渡しをするのが望ましいと考えられています。
大切なゲストや主賓になるような方の場合には、直接手渡しをするようにした方が良いでしょう。
そのような手渡しの際には招待状の封はせずに渡すのが正式です。
招待状の作成ということも結婚式にあたってはとても大切なことの1つです。

デザインなどにもこだわりたいところでしょう。
招待状や席次表などのペーパー類が同じデザインのものになっていると全体の統一感もあって良いのではないでしょうか。
新郎新婦らしいデザインのものなどを選ぶことも大切ですが、基本的なマナーについてはきちんと押さえておくことが大切です。

こちらには結婚披露宴に招待されたゲストのマナーについて載っています。
めでたい席で恥をかかないためにもしっかりとマナーを身に着けておきましょう。