人生の節目

介添え人に渡す心づけって何?

介添え人というのは結婚式当日に主に新婦のサポートをする役割の方のことです。
アテンダーなどとも呼ばれることもあります。
新婦というのは意外なほど動きづらく何もできなくなってしまうものです。

結婚式当日には早い時間帯からドレスや着物を着た状態になりますし、ヘアメイクもばっちりになりますので、普段と同じような動きはできなくなります。
そのため、ちょっと喉が渇いた時やトイレに行きたい時でも、一人で行動するのはほとんど不可能といっていいでしょう。
そこでサポートしてくれるのが介添え人です。

飲み物にさっとストローを差して差し出してくれたり、トイレの際に手伝ってくれたり、式当日には介添え人がいなければ新婦は身動きが取れないかもしれません。
また、結婚式や披露宴などの際にも衣装の乱れなどをさっと直してくれたり、立つタイミングなどを分からないように教えてくれるのも介添え人の仕事です。
自分で結婚式を挙げるまでは介添え人という存在を知らなかったという人もいるかもしれませんが、いざ式を行ってみるとその存在の大切さを痛感するという新婦も多いようです。
そんな介添え人には心づけとしてお礼を渡すことになっています。

心づけの金額は3000〜5000円程度が目安で、式が始まる前に親から挨拶と共に渡すということが通常のようです。
心づけは御祝儀袋に入れて渡しますが、表書きには「寿」と記しましょう。
名前の欄に記載するのは新婦側の名字になります。

介添え人は最近では結婚式場などのサービスとしてついているということがほとんどのようですので、自分で改めて探すというような必要は無いようです。
式場によってはメイクを担当したスタッフが介添え人として動いてくれるということもあるようです。
また、場合によっては介添え人無しで結婚式や披露宴を行うといったこともあります。
介添え人の有無については、結婚式や結婚披露宴のプランによっても違ってくることと思いますので、よくよく打ち合わせをして決めていくと良いでしょう。