人生の節目

司会は誰に頼む?

結婚披露宴を行う際には司会が必要になってきます。
司会は披露宴の進行を司る大切な役割ですから、誰にどのような形で依頼をするかということはとても大切なことになってきます。
最近では司会はほとんどの場合にプロの方にお願いする方が多いようです。

披露宴の会場となる式場が提携している会社などから派遣される司会者にお願いするというのが最も確実な方法と言えます。
提携している会社であれば結婚披露宴の司会自体にも慣れているはずですし、その会場での司会にも慣れているはずなので、よりスムーズな進行をしてもらえることが期待できるからです。
司会と一口に言っても、やはり慶事である結婚披露宴の司会とその他の司会とでは随分と内容が違うものです。
披露宴で相応しい言葉遣いが自然とできるプロの司会者であれば、安心して任せることができます。

もしもそうした提携の業社などがない会場の場合には、自分で司会者を手配することになります。
その場合にもやはり司会者を派遣している会社へ依頼してプロの方に頼むのが一番良いでしょう。
ただし、親戚や友人などにそうしたお仕事をしている方がいる場合には、その方に頼むというのも良いと思います。

しかし、お互いに気を使ってしまうということであればあえてお願いしないということもありますので、その方との関係性を考えて依頼するかどうか決めましょう。
また、披露宴の規模などによっては、友人にお願いするといったこともあると思います。
例えば少人数で行われる結婚披露宴でとてもアットホームな雰囲気というような場合には、親しい友人にお願いしてもよいでしょう。
地域によっては親戚の方が司会を行うのが普通といったこともあるかもしれませんので、そうしたことがある場合にはご両親などにも相談して相応しい方にお願いするようにすると良いでしょう。
結婚披露宴の司会者は最近ではプロに依頼することが多くなっていますが、ケースバイケースで披露宴の雰囲気などに合わせて親戚や友人にお願いしても良いでしょう。