人生の節目

お見送り用のプチギフト、何にする?

披露宴の最後には新郎新婦とそのご両親によってゲストのお見送りがあります。
その際には、プチギフトを手渡しながらゲストへお礼を述べていくのが恒例となっています。
その際のプチギフトをどのようなものにするかということも、迷ってしまう点かもしれません。

定番のプチギフトということになると、クッキーやチョコレート・ドラジェなどの小さなお菓子があります。
ウェディング用の可愛らしいパッケージに包まれたお菓子は結婚式の雰囲気ともよく合うでしょう。
和風の披露宴だった場合には、梅干やどら焼き・お箸などがイメージ的にも合うのではないでしょうか。
中にはオリジナルのメッセージなどを入れてくれるサービスや、新郎新婦の写真をパッケージに使ってくれるようなサービスもありますので、そうしたお菓子などを使うというのも面白いのではないでしょうか。

もしも新郎新婦の実家が遠方の場合には、実家周辺の名産品にちなんだものなども素敵です。
変り種としては、ガチャガチャを設置してそれを帰り際にみんなにやってもらった、というような遊び心のあるプチギフトの例もあります。
大人になってからはなかなかガチャガチャをやる機会というのも少ないので、最後までゲストの方々に楽しんでもらうことができるのではないでしょうか。
また、女性のゲストにはテーブルに飾っていたお花をプレゼントとして一緒にお渡しするというのも良いでしょう。
プチギフトは大体1つ300円以内の予算で用意をするという方がほとんどのようです。

なるべく予算を低く抑えつつ喜んでもらえるギフトにするためにはアイディアの良さということも大切です。
他にも手間と時間はかかってしまいますが、手作りが好きで得意というような場合には、手作りのお菓子をプチギフトに使うというのも良いでしょう。
プチギフトはゲストの皆様に参列してくれたことへの感謝を伝えるものです。
最も大切なことは「ありがとう」の気持ちを伝えることと考えて、それを引き立ててくれるようなものを選ぶようにすると良いでしょう。

こちらでは引き出物で喜ばれるものが紹介されています。
引き出物の場合はプチギフトと違いそれなりに金額がいくものですし、ゲストへのお返しとしてふさわしいものを選びましょう。