人生の節目

意外とややこしい、結婚披露宴の席次

結婚披露宴を行う場合には席次を決めなければいけません。
席次は最終的には全ての出席者が確定するまで作成することができませんから、招待状の返信が返信期限までにないという方がいる場合には、直接電話などでも確認するようにすると良いでしょう。
席次を決める時には、新郎新婦・媒酌人・親兄弟・主賓など、始めから席が決まっている人々をまずは配置していくのが良いでしょう。
新郎新婦が座るメインの席を高砂席と言いますが、もしも媒酌人がつく場合には、新郎新婦の左右に席を設けます。
また、高砂席に向かって中央より左側が新郎側のゲストの席で、右側が新婦側のゲストの席になりますので、間違えないようにしましょう。
主賓の席は高砂席に最も近い中央の席で、親兄弟は末席に配置します。

そしてその他の友人・知人などについては、友人どうしの関係性などを見ていきながら会話が進みやすいような形で席を決めていくようにすると良いでしょう。
肩書きをどうするかというのも席次を作成する場合には迷ってしまいやすいところです。
主賓の場合には会社名や役職名などを記すようにしますし、会社関係者の場合にもやはり同様です。
友人や知人に関しては「新郎友人」「新婦友人」などという形で記すのが良いでしょう。

親戚関係の場合には従兄弟や甥・姪まではそれぞれの関係を肩書きとしますが、それより離れている場合には親戚と記載するようにします。
もしも親しい間柄のゲストのみで行われるような披露宴の場合には、上記のような肩書きの記載ではなく、それぞれのゲストのちょっとした紹介文を記載するようにしても良いでしょう。
同じテーブルになったゲスト同士が初対面の場合にも、席次の肩書きをきっかけに会話が弾むかもしれません。
席次を作るのには迷ってしまうことも多いと思います。
しかし、上記にあげたような席次の基本的な作り方を参考にしながら作成してけば、それほど難しいということはないでしょう。