人生の節目

生花で作るウェディングブーケ

結婚式や披露宴で新婦はブーケを持つものですが、その際のブーケは生花で作るタイプのものがまずあります。
生花のブーケの利点としてあげられるのは、やはりきれいであるということです。
造花でも最近はとてもきれいな見た目のものがありますが、やはり品質にはばらつきがありますし、写真などでもアップになると造花ということが分かってしまうこともあるようです。
生花の場合には写真を撮ってもとてもきれいに写るということですから、式場での写真をカメラマンに頼んで残す予定の場合には生花をチョイスすると良いのではないでしょうか。

生花の欠点としては日持ちがしないということがあります。
せっかくの記念のブーケなのできれいなままでずっと取っておきたいと思う方もきっといることでしょう。
そうした場合には、生花のブーケはやはりあまり向いているとはいえません。
どうしてもそのままブーケの形で残しておくというのは難しいからです。

しかし、ドライフラワーなどにして額にきれいにレイアウトして残しておくというような方法がありますので、そうした方法を利用すれば長期間保存して飾っておくということも可能になります。
また、よく生花のブーケは重いと言われていますが、それも花の種類やブーケの形によって違ってきます。
ですからブーケが重くて式の間中辛かったというようなことばかりとも言えません。
できるだけ軽くなるように仕上げられている生花のブーケなどもありますので、そうしたものを選んでいくというのも良いでしょう。

生花の場合、季節感が大切にできるということも素敵な点の1つです。
その季節の旬のお花を取り入れてブーケを作れば、きっと素敵な仕上がりになることでしょう。
探してみるとウェディングブーケを生花で手作りするための教室なども開催されています。
こうした教室に参加してみてブーケを自作するというのも素敵ですし、より自分のイメージに合ったものが作れるでしょう。

生花か造花かという違いもありますが、デザインや価格にも違いがあるようなので詳しくはhttp://www.homeforhopeproject.com/5.htmlをご覧ください。