人生の節目

結婚披露宴と結婚式の違い

結婚式と結婚披露宴の違いがいまいち分からないという方ももしかするといるかもしれません。
簡単にこの違いを説明すると、結婚式は儀式であり、結婚披露宴は儀式の後に行われるお披露目会です。
結婚式の形式としては、教会で行われるものや神社で行われるものなどがあります。

最近では神仏に誓うというのではなく、人前式といって結婚式に参列して下さった方々に結婚することを誓うといった形式のものもあります。
こうした結婚式は、1組の男女が新たに夫婦として歩み始めようとここに誓いました、ということを宣言するための儀式です。
大抵の場合では、結婚披露宴の前に30分程度の時間で結婚式が行われることが多くなっています。

儀式ですから、花嫁の衣装にもある程度の決まりがあり、教会での結婚式の場合にはベールとグローブの着用が必須です。
結婚披露宴は結婚式の後に行われるお披露目の会です。
新しく夫婦になった二人についてそれぞれがこんな人物ですよといった紹介がされたり、それぞれの友人などからのお祝いがあったりします。

お披露目会ですから、お食事やお酒も用意されて、それらを食べたり飲んだりしながらの楽しい会になります。
結婚披露宴の開催時間は地域によっても差があるようですが、大体2〜2時間半程度です。
このように結婚式と結婚披露宴は違うものであり、大体の場合結婚式が行われた後に結婚披露宴が行われるということが多いです。
しかし、近年では様々な形式の結婚式や結婚披露宴がでてきていますので、中には式だけ披露宴だけという形で行われる場合もあります。

そうした場合は、大抵家族や親しい友人のみのごく少人数の式や会であることが多いようです。
例えば家族だけで食事会を行ったり、比較的少人数でレストランウェディングを行ったり、憧れの海外の教会で挙式だけを行ったり、といった方も増えてきています。
結婚式と結婚披露宴は基本的にはセットで行われることが多いのですが、最近では色々な形式で行われることが多くなっています。