人生の節目

介添え人は誰に頼む?

介添え人というのは結婚式や披露宴の時に新婦の近くに控えて身の回りの世話をしてくれたり支えたりしてくれる役割のことです。
結婚式当日の新婦は早い時間帯から動きづらいドレスや着物を着ることになり、なかなか自由に動き回るということができません。
そのため、ちょっと飲物を飲みたい時やトイレに行きたい時などにも介添え人の手助けが必要になってくるのです。

また、介添え人はそれだけではなく、式や披露宴の最中にブーケを受け取ったりドレスを整えたりといったことも同時に行います。
そのため、どういったふうにしておけば新婦がきれいに見えるのか、写真写りが良くなるのか、といったことを知っているということがとても大切になってきます。
その他にも介添え人は式や披露宴で立ち上がるタイミングなどをさりげなく新婦に伝えたりすることもします。
こうした介添え人の仕事を見ていくと、結婚式・披露宴を通して新婦を支える大切な役割であるといえるでしょう。

最近ではこうした介添え人は結婚式や披露宴の会場スタッフが務めることが多くなっています。
特に多いのは、ヘアメイクを担当した方がそのまま介添え人の役目も行ってくれるというパターンのようです。
このように会場のサービスとして介添えもしてもらえるということであれば、特別誰かにお願いする必要はありません。
しかし、中には介添え人がつかない会場というのもありますので、そうした場合には新婦側の姉妹や親戚・親しい友人などに依頼することになります。

介添え人として一人だけに依頼するということもできますし、ヨーロッパなどでよく見られるブライズメイドと呼ばれるお世話係のように複数人にお願いすることもできます。
介添え人は新婦がスムーズに動くためにはとても重要な仕事です。
会場のスタッフであれ友人などに頼むようであれ、できるだけ信頼できる人に頼みたいものです。
とはいっても、何もかもを任せきりにするのではなく、きちんと打ち合わせを行っておくことが大切です。